【メンズメイク】コントゥアリング(シェーディング&ハイライト)で立体的な顔に

コントゥアリング(メンズメイクに必要な物・順番)

こんにちは。メンズメイクブロガーのケンです。

あなたは、コントゥアリングという言葉を聞かれた事がありますか?メイクに割と精通していないと、この言葉は正直あまりなじみがないかもしれません。

では、シェーディングハイライトはいかがでしょう?ここで結構「あ、きいたことある!」って方が増えたのではないでしょうか?

実は、先述のシェーディングやハイライトが、ほぼイコールコントゥアリングの事なのです。直訳すると”輪郭”といった意味のあるこの単語。端的に言ってしまうと、より奥まって見せたい部分を暗い色にして(シェーディング)、より前に出したいところを明るくハイライトする事で、立体的で奥行のあるよりダイナミックでシャープな顔つきにできますよ、というのがこのコントゥアリングの存在意義なのであります。

※なのであんまりコントゥアリングという言葉がしっくりこない方は、シェーディング+ハイライトの事だなと思っていてくだされば大丈夫です♪

ちなみにブロンザーというアイテムもコントゥアリングのいとこみたいな感じであるんですが、これについては通常目的も使うアイテムも使う箇所も違うので、また後日深掘りさせていただきますね。

で、今日お伝えするコントゥアリングの内容は、基本的なメンズメイクをマスター出来てきたあなたには是非とも次のステップとして私ケンが超絶オススメしたいテクニックなのであります。というのも、コントゥアリングには①顔が締まって見える②より小顔に見える③凛々しく精悍に見える・・など、メンズメイクするうえで、あなたが得たいと思っているような結果に直結するような、是非取り入れてほしい理由となるメリットが山のようにあるのでございます。

せっかくメンズメイクを時間とお金をかけてするのであれば、やっぱりナチュラルな事は大前提ながらも、できるだけ裏技を多用して、カッコよく差をつけたいじゃありませんか!

という事で、本日は是非この記事でコントゥアリングの基礎をものにしていただけると嬉しいです^^

では早速参りましょう~♪

メイクしたい人

シェーディング+ハイライト=コントゥアリングなのね。

ケン

人によって解釈は色々あるかもだけど、とりあえずそれで良いと思う♪

ケン
メンズメイクブロガー
3年前メンズメイクに目覚め、YouTube・各種SNS・ブログ等でひたすら研究。あらゆるTPOでメンズメイクを実践しつつ、益々その魅力に憑りつかれ、メンズメイクの良さを広めるべくブログを開始。
目次

コントゥアリングを施すタイミングについて+下準備

コントゥアリングのタイミングは、【①(洗顔→化粧水→乳液→日焼け止めからの)下地→②ファンデーション→③眉毛のメイク→④コントゥアリング→⑤ブロンザー→⑥セッティングスプレー】という④番目、ここですね^^

私ケンとしては、3年超の研究で、この順番がベストという結論に達したので、皆さんにも是非、まずはこの順序でお試しいただきたいと思います!

では早速、下地から。今日は以前にもレビューした事がある、Diorバックステージ プライマーを使ってみたいと思います。

ディオールバックステージプライマー

なんでかと言われると、気分100%です。すいません^^;クセがなくて使いやすい、ケン的ベスト下地のひとつです♪今日はコントゥアリングが主役なので、名脇役ということで・・

イットコスメティックスCCクリーム

続いて、国内外で多数のファンを持つロングラン製品、イットコスメティクスというブランドの

ユアスキンバットベター(YOUR SKIN BUT BETTER)というマジでほんとその通りになるネーミングの(笑)アイテムで、ベースを仕上げていきたいと思います!

イットコスメティックスCCクリーム裏面

☟今日はコントゥアリングの効果を少しでもわかりやすくお伝えしたいので、あえて自分の肌トーンより本当に若干ですが明るめのファンデ(CCクリーム→このワード説明しはじめると長くなってしまうのでまたの機会に・・要はファンデにトーンアップ機能を+したみたいな商品です)にしてみました。

すっぴん

眉毛はケイトのアイテムで仕上げております。ご興味のある方は以下記事を併せて参考にしてくださいね♪

ではいよいよ、アイムミミのマルチスティックデュアルでコントゥアリングしていきましょう

STEP
いざ開封!→濃い方から塗っていきます

韓国のECサイトMEME BOXプロデュースの大人気ブランド、I’m memeの大ヒットアイテム、マルチスティックデュアルが本日の主役でございます。

アイムミミ マルチスティックデュアル

プチプラながら、そのパフォーマンスから使っている人がめちゃくちゃ多いので、初心者(ビギナー)の方の一本目にもとってもオススメです^^

アイムミミ マルチスティックデュアル開封

1色展開ですが、割とアジア人の肌色には広く対応できそうな、コントゥアリングアイテムとして本当に最大公約数を狙ったようなシェード(色)になっております。こういうアイテム、私本当に何十種類も試行錯誤しながら試してきました。

で、コンシーラー(濃いのや明るいの)でやる方法だったり、パウダー系(粉状)のものなんかも試してみたんですが、やっぱり最終結論として、メンズメイクで映える自然な結果を求める場合、☝シェーディングはこのようなスティックタイプ一択、ハイライトはスティックか、塗るバーム状のものどちらかという結論に達しました!これは是非とっても強調して伝えたい点ですので、覚えておいてもらえると嬉しいです^^

ポイント①:奥に見せたい(奥行を出したい)所をシェーディングしていく

暗い色の方を使って、おでこの生え際からこめかみ、アゴのラインに沿って塗っていきます。頬骨の下の影ができるところも忘れずに!そして小鼻の上、鼻筋の脇の傾斜している部分にも塗っていきます。最後に、私ケン的にとってもオススメなのが人中の上の方。真上から陽の光が当たった時に黒く影になる部分です。

とはいえ、顔の形も骨格も皆さん人それぞれなので、『自分の骨格で影になる部分はどこか』に注目して塗る場所を決めていっていただくと、失敗が少ないと思います^^

アイムミミでシェーディング

コントゥアリング(シェーディング)初心者にも扱いやすい、濃すぎず赤すぎないいい感じのブラウンカラーですね♪

I’m meme (アイムミミ)
¥1,650 (2023/05/31 11:44時点 | Amazon調べ)
STEP
明るい方の色で前に出るように見せたい箇所を塗っていきます

ポイント②:今回のようなデュオタイプの場合、鼻筋+唇の上+アゴがオススメ

アイムミミ以外にもこういった明暗セットになっている製品を多数検証してきた僕の経験上、デュオタイプの明るい方は薄付きでなくコンシーラーのように結構ボリュームがある付き方なケースが多いです(今回のアイテムも同様)。なので、ハイライトしたい箇所の中でも、眉間の少し上やCゾーン(目尻周辺にC型に塗る部分)に使うと厚ぼったくヨレやすくなるので、そのあたりは避け、鼻筋+唇の上+アゴに塗っていきます^^

アイムミミのハイライト

鼻筋と、唇の上に少し、それからアゴの光があたりやすい場所に塗ったのがわかりますでしょうか?

STEP
ハイライト専用のアイテム”RMK グロースティック GD(ゴールド)”を追加!
RMKグロースティック

製品名の通り、グローな輝きを与えてくれるハイライト。二色展開でもっとピンクっぽいのもあるのですが、メンズメイクには迷わずこちらのゴールド系の方をオススメします!

RMKグロースティック中身

本当にいい感じに、明るく自然なツヤを与えて、出っぱって見せたいところを立体的に強調してくれます。

コントゥアリングのポイントは、影にしたいところはどこまでもマットな質感のものを使う(自然にひっこめたいため)、そして逆に前に出したいところはツヤ系のアイテムできちんと目立たせるという事です!

ポイント③:ハイライトは、最終的にはあなた自信のベストバランスを見つけて!

アイムミミの明るい方で塗らなかった、眉間の上と、Cゾーン、このRMKのグロースティックを塗ってみました。やはりマルチスティックの明るい方と比べ、より質感的に薄付きでさりげないので、こういう風に箇所によって使い分けるととってもいい感じになります。ただ、特にハイライトはどこに何をどういう形で塗っていくか、比較的その人によって一番良い方法にばらつきがあると思います。是非ご自身で色々試していただき(眉間の上をどんな図形で塗るか・Cゾーン以外にも目の下にも塗ってみる等)、「こうしたらもっとうまくいった!」みたいな成功談があれば私ケンに教えてくださいね^^

RMKのグロースティック

これで塗るステップは全部終了したので、これからは馴染ませていきます♪

RMK (アールエムケー )
¥2,200 (2024/02/15 17:18時点 | 楽天市場調べ)
STEP
シェーディング部分はブラシで、ハイライト部分は指で、がケン的にはオススメ
コントゥアリングをなじませる

特にシェーディングは、どれくらい色を残すか調節がものすごくしやすいので、ブラシが超オススメです。

☟これ使ってます♪※ちなみに鼻や人中は100均の小さいブラシでOKだと思います^^

貝印 cosmeup(コスメアップ)
¥430 (2024/02/15 17:18時点 | 楽天市場調べ)

ハイライト部分は、僕は指が一番自然になる気がするのですが、スポンジの方がよかった!という方もいらっしゃるかもなので、是非色々試してみてくださいね。

ちなみに以下動画は全部スポンジでやってますが、コントゥアリングという作業のイメージが湧きやすくなると思うので参考にしていただくために、掲載いたします^^(7:28~)是非見てみてください!

☟僕と同じくシェーディングをブラシでやってる方の動画、イメージが湧くと思うのでこちらもシェアします♪(4:58~)

コントゥアリング(メンズメイクに必要な物・順番)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

メンズメイクブロガー。

仕事がテレワークになったことをきっかけに、ふとメンズメイクに興味を持ち、私生活で実践してみたところ人と会う度想像以上の手応えがあった事からどハマりし、今までに購入したファンデーションは100本超(他アイテムも50個超)。

その過程で、実はドラマでも映画でも、普通のサラリーマン役も警察官役も、何なら通りを歩いているエキストラまで、男性もほぼ全員メイクをしている事実に気づく。それらのナチュラルなメンズメイクがさりげなく出演者達をより魅力的に見せている事に。

そして、めんどくさがりで時間がない、この僕のような人々が、気軽にそんなメンズメイクにトライして、もっと魅力的になり、人生がより良くなる人が一人でも増えたらいいなという願いのもと、素人による素人のための、このブログを始めました。

メンズメイクに特化した一般人視点のデータベース的ブログとして、質量共に日本一になることを目指してます!

千葉生まれ東京育ちで趣味は洋画・海外ドラマ鑑賞、たまに行く海外旅行。